上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


角館・田町武家屋敷

          【撮影日 2009年5月2日】

角館・田町武家屋敷角館・田町武家屋敷・西宮家
【撮影日 2009年5月2日】 【撮影日 2009年5月2日】
角館・田町武家屋敷・西宮家(米蔵)角館・田町武家屋敷・西宮家(母屋)
【撮影日 2009年5月2日】 【撮影日 2009年5月2日】



秋田県角館市には、二つの城下町がありますが、写真の田町武家屋敷は
JR角館駅から徒歩10分程にあります。
ここには、西宮家があり無料で見ることができます。
観光客はこの通りは少なく、桜の時期には、枝垂れ桜が絶品です。
西宮家には、以下の場所を見ることができます。
【米蔵】【北蔵】【文庫蔵】【母屋】【前蔵】【ガッコ蔵】



<田町武家屋敷と西宮家> ~現地看板から抜粋~

城下町角館は北に佐竹北家家臣団が、南に今宮家家臣団が居住して統治し、この田町は今宮家臣団の中心地でした。今から380年ほど前の江戸時代初期、角館の町造りが行われた時からこの地に住みました。最初に入ったのは86家でした。今宮家は佐竹氏と縁続きの一門で直臣の誇りを持ち、修験の頭染として秋田藩の中で大きな力を持ち、祈願所や寺社などの管理もしていました。
西宮家は今宮家臣団の中でも重きをなし、「寺山五十五騎」と呼ばれた中心武士団の一員として、この地に移住する前の常陸時代から名を連ねています。

<西宮家の歴史> ~現地看板から抜粋~
城下町角館には二つの武家屋敷通りがありますが、南側に位置するここ、田町武家屋敷は元和六年(1620)角館を治めていた佐竹一族の芦名氏による町造りの際、佐竹氏の直臣である今宮氏とその武士団が移住し、形成されました。
今宮武士団の中でも、重んじられていた西宮家は、地主としても明治後期から大正時代にかけて最も繁栄します。明治後期の当主西宮藤剛(ふじたけ)氏は、角館町の初代町長就任から度々町長を歴任し、町の歴史を振り返っても重要な人物で、町政に貢献するなぢ各方面でリーダーシップを発揮しました。明治後期から大正時代に建設された。西宮家の繁栄がしのばれる「五つの蔵と母屋」が、時代を重ねて今に伝えられています。

<アクセス>
 JR角館駅徒歩10分

<入館料>
 無料


大きな地図で見る

~ あきた角館 西宮家 サイト ~
 http://www.hana.or.jp/~nishi/index.html

--------------------------------------------------


スポンサーサイト
2005.06.20 Mon l 05_秋田  l コメント (0) トラックバック (0) l top

角館・武家屋敷通り

          【撮影日 2009年5月2日】




みちのくの小京都「角館」。
JR角館駅から徒歩15分程度で武家屋敷通りが点在している。
観光客は、主に東勝楽丁(ひがしかつらくちょう)から
表町下丁(おもてまちしもちょう)にかけての武家屋敷群に
行くが、駅から10分程にも田町武家屋敷(西宮家など)がある。
有料の武家屋敷は、青柳家と石黒家。
青柳家は敷地も広く見応えのある展示物や休憩所も庭園内に
ある。
石黒家は、案内の方が部屋の内部などの説明を随時行って
いる。
春は桜。夏は新緑。秋は紅葉。冬は雪景色など四季によって
楽しみがあるところです。


~以下、各武家屋敷の紹介 ・・・角館観光協会HPから抜粋

■ 青柳家(あおやぎけ) - 秋田県指定文化財(母屋・門・蔵)
角館・青柳家角館・青柳家
角館・青柳家
【撮影日 2009年5月2日】

もともと芦名(あしな)氏の家臣団の優力な武将でしたが、
芦名氏が絶えた後は佐竹北家(さたけきたけ)に仕えました。
屋敷は広く敷地の入口に薬医門、道沿いには武者窓とよばれる
のぞき窓のついた造りになっています。
敷地内の展示館は、代々伝えられた武具や美術品などの
公開施設になっています。

所在地
 〒014-0331 秋田県角館町表町下丁3
入館料 個人/ 団体(20名以上)
 大人         500円/450円
 中学生・高校生  300円/250円
 小人         200円/150円
開館時間
 9時~17時 (11月~3月は16時まで)
休館日 年中無休
お問合せ先
 TEL 0187-54-3257 / FAX 0187-53-2006
施設URL
 http://www.samuraiworld.com/


■ 石黒家(いしぐろけ) - 仙北市指定文化財
角館・石黒家角館・石黒家
角館・石黒家
【撮影日 2009年5月2日】

佐竹北家に仕え、財政関係の役職についていた家柄です。
茅葺き屋根の母屋とのぞき窓のついた黒板塀、正玄関と
脇玄関を備えて武家の高い格式を示しながら簡素なただずまいとなっています。
現存する角館の武家屋敷の中で格式が一番高い家柄の屋敷です。

所在地
 〒014-0331 秋田県仙北市角館町表町下丁1
入館料 個人/ 団体(20名以上)
 大人 300円/200円
 小人 150円/100円
開館時間 9時~17時
休館日 年中無休
お問合せ先
 TEL / FAX 0187-55-1496
施設URL
 http://www.hana.or.jp/~bukeishi/


■ 岩橋家(いわはしけ) - 秋田県指定文化財
角館・岩橋家角館・岩橋家
角館・岩橋家
【撮影日 2009年5月2日】

芦名氏の重臣で、芦名氏が絶えた後は佐竹北家に
仕えた家柄です。
屋敷は江戸時代末期に改造、屋根も茅葺きから
木羽葺きに変えられ現在の形になりました。
角館の中級武士の屋敷として、間取りなどに典型的な
形を残しています。
樹齢300年以上の柏の木がこの家のシンボルです。

所在地
 〒014-0325 秋田県角館町東勝楽丁3-1
入館料  無料
開館時間  9時~16時30分
休館日  12月~4月中旬冬季休館
お問合せ先
 TEL 0187-43-3384 (仙北市文化財課)


■ 小田野家(おだのけ) - 仙北市指定文化財
角館・小田野家角館・小田野家
角館・小田野家
【撮影日 2009年5月2日】

今宮氏の配下から佐竹北家の家臣となった家柄です。
もともと武術によって仕えていたため、かつては門を
入った右側に道場がありました。
伝統的な庭園が特徴の中級武士の屋敷です。

所在地
 〒014-0325 仙北市角館町東勝楽丁10
入館料 無料
開館時間 9時~16時30分
休館日 12月~4月中旬冬季休館
お問合せ先
 TEL 0187-43-3384 (仙北市文化財課)


■ 河原田家(かわらだけ) - 仙北市指定文化財
角館・河原田家角館・河原田家
角館・河原田家
【撮影日 2009年5月2日】

芦名氏の会津時代からの譜代の家柄で、
後に佐竹北家に仕えました。
屋敷は江戸時代の武家屋敷建築様式を
そのまま受け継いでおり、表座敷には
この地方の書院作りの様式が残されています。

所在地
 〒014-0325 仙北市角館町東勝楽丁9
入館料 無料
開館時間 9時~16時30分
休館日 12月~4月中旬冬季休館
お問合せ先
 TEL 0187-43-3384 (仙北市文化財課)


■ 松本家(まつもとけ) - 秋田県指定文化財
角館・旧松本家角館・旧松本家
角館・旧松本家
【撮影日 2009年5月2日】

今宮家組下の家柄で、佐竹氏国替えとともに秋田へ
やってきました。
柴垣で囲まれた屋敷は小さな建物ですが、茅葺き
屋根に武家の面影を残しています。
現在は春から秋にかけてイタヤ細工の実演が行われています。

所在地
 〒014-0324 仙北市角館町小人町4
入館料 無料
開館時間 9時~16時30分
休館日 11月~4月中旬冬季休館
お問合せ先
 TEL 0187-43-3384 (仙北市文化財課)


<アクセス>
 ・車 
  東北自動車道盛岡I.Cより、約70分
  秋田自動車道協和I.Cより、約30分
  秋田空港より、約50分

 ・秋田新幹線
  東京 → 角館 約3時間10分
  盛岡 → 角館 約47分
  秋田 → 角館 約44分
  ※JR角館駅から徒歩15分ほどで武家屋敷通りに行けます。


大きな地図で見る


~ 角館観光協会公式サイト ~
 http://www.kakunodate-kanko.jp/index.html

--------------------------------------------------


2005.06.19 Sun l 05_秋田  l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。