上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

安来節演芸館

          【撮影日 2009年3月20日】



2006年1月にオープンした安来節演芸館は、安来節の保存と振興のために
創られた施設です。
桟敷席をイメージしたホールでは、生の安来節(唄と踊り)と安来節にまつわる
感動のお芝居がお楽しみいただけます。
その他、どじょう料理を中心としたお食事処や安来の名産品を扱うお土産処も
あります。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◆お芝居◆  <当時の「安来節演芸館」ホーページより抜粋>

 『安来節家元初代 渡部お糸一代記』 ~百姓の歌姫~
  立志編「わが父の教え賜いし歌」

~あらすじ~

来る日も来る日も、父・佐兵衛から厳しく安来節の稽古を受ける幼いお糸は、
父親に反発しながらも、ある少女との出会いから発声の極意をつかみ、
唄の道を歩んで行く。  
やがて美しい女性に成長したお糸は、人生を左右する一世一代の恋人・
源雄に出会い、そして駆け落ちへ。  
数々の苦難を乗り越えながら歌い続けるお糸に、ようやく大舞台出演の
チャンスが訪れる…。  
懸命に日々を生きる庶民を支え慰める大衆芸能として花を開かせる
「安来節」とその隆盛を担った歌姫・渡部お糸。
まだまだ日本が貧しかった時代に、彼女が娘として、女として、
母として、どう生き抜いたかを描く笑いと感動の40分です。
どうぞご期待ください。

* 安来節演芸館一座 *
 2009年3月20日(祝・金) 14:10公演
 <出演役者>
 鈴本 吏香・安来 武士・春瀬 瞳・村松 直樹

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

第1部が安来節、第2部が「安来節家元初代 渡部お糸一代記」

~以下、館内などの写真です
第1部安来節第1部安来節
第1部安来節 第1部安来節
第2部安来節第2部安来節
第2部安来節 第2部安来節


<館内情報>
入場料金 個人/ 団体(8名以上)
・ 共 通 券
(安来節と芝居の公演を合わせてご覧になれます)
 安来節演芸館観賞券
  大人          1,800円/1,500円
  小人         900円/ 750円
※小人は小学生、中学生となります。
・ 個 別 券
(安来節・芝居の公演をそれぞれご覧になれます)
 安来節観賞券
  大人           600円/500円
  小人           300円/250円
 芝居観賞券
  大人          1,200円/1,000円
  小人           600円/500円

 ※割引券は、ここ

営業時間 9:00~17:00
公演時間は、ここで確認してください。

定休日 毎月第一水曜日

<アクセス>
 ・車
  国道9号線から県道45号線、足立美術館方面、すぐ横。
 ・バス
  JR安来駅より、イエローバス乗車、安来節演芸館下車。(約30分~45分)
  *JR米子駅前発着も1日数本あり。料金は、経由により異なります。
   イエローバス(広域生活バス)」(100円バス)乗車経路により、
   乗車時間が異なります。詳しくは、こちら

  安来節演芸館に停車しない場合は、運転手に乗車時に言えば
  付近で下車していただけます。
  「鷺の湯温泉前」のバス停から、徒歩3分程でも行くことは可能です。

<駐車場>
 無料(大型バス6台、乗用車115台)

<問合せ>
 所在地 島根県安来市古川町534
 TEL 0854-28-9500


大きな地図で見る

~ 安来節演芸館 公式サイト ~
 http://www.y-engeikan.com/

--------------------------------------------------



スポンサーサイト
1986.07.20 Sun l 32_島根  l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。